女性として知っておきたい!膣の健康のこと


加齢によってどんどん緩んでくる

もともと昔の日本人の生活では、自然と膣のトレーニングができるような生活でした。しかし、現代の欧米化の生活が当たり前になると、膣もゆるみやすくなってしまいます。ヨーロッパでは肌のお手入れと同じように膣のお手入れも当たり前にされていますが、日本ではまだまだ膣のお手入れは進んでいません。しかし、お手入れせずに放っておけば、肌と同様に膣も加齢によってどんどんたるんだり、緩んだりしてしまうのです。

簡単に膣トレーニングを

現代の生活では膣をトレーニングする機会も少なく、加齢以外にも若い方も膣がゆるみやすくなっています。正座をする機会がなくなったり、雑巾掛けもしなくなりました。また、和式のトイレも数が少なくなり、使い方がわからないといった若い方も少なくなりません。欧米化の生活が進み、昔のように自然に生活の中で膣をトレーニングする機会がどんどん減ってしまいました。そのため、簡単に膣をトレーニングするためには、掃除機を使わず雑巾掛けをするなどがおすすめです。

生活習慣も見直してみて

膣がゆるんだり、たるんでしまっても治らないわけではありません。膣を中心にしたトレーニングを行ったり、生活習慣を見直してみることがまず大切になります。特に膣の健康は、女性ホルモンと成長ホルモンのバランスがとても重要です。そのため、偏った食生活を見直し、バランスの良い食生活を心がけること。また、睡眠時間をきちんと確保し、ストレスを溜め込まないことでも改善できる場合があります。

膣圧は、加齢や出産などによって弱くなることがありますが、継続的なストレッチや美容外科での治療により改善することもできます。