設計者の負担を減らせる?CADを導入する利点とは


立体的に描ける設計図

CADとはコンピューター設計支援ツールのことであり、コンピューター上で設計図を作ることが可能です。
CADは建設業界でよく使用されており、その種類も建築物を立体的に描く建築用CADをはじめ、建築物内で使用する設備を設計することに特化した建築設備用CAD、一般住宅向けに調整された住宅専用CADなど豊富にあります。
現在ではそのCADをさらに進化した「BIM」というもの開発が進められており、そちらは設計だけでなく作業の工程やライフサイクルまでもデザインできるようになっています。

修正しやすく流用しやすいのが利点

CADの利点は修正しやすいことです。紙の図面の場合は鉛筆など設計図を書き、間違いや変更箇所があれば消しゴムで消すようにます。ですが消しゴムで消したとしてもその跡は完全には消せないので、何度の修正や変更をすると跡がたくさん残ってしまい、図面そのものが見えにくくなることがあります。これに対してCADの場合は、コンピューター上に設計図を書くので、何度修正や変更をしても図面そのものが見えにくくなるということはありません。
また設計図が流用しやすいというメリットがあります。紙で書いた設計図を他で流用したい場合は、人が手で他の紙に書き写さないと流用できません。一応、図面をコピーするという方法もあるですが、コピーしたところは消しゴムで消せないので、修正や変更しにくいという問題もあります。CADならば設計図のファイルをコピーするだけで簡単に複製ができ、さらにデータ自体はコンピューター上にあるため、修正も簡単です。

水道CADとは、上下道工事などに関わる配管図面及び申請書類を、パソコンを用いてデジタル設計することです。