間違った節電していませんか?LEDで正しい経費削減を


経費削減なら手軽なLEDの導入を!

毎月送られてくる電気代の請求を見て、「高いなー」と思う経営者の方は多いです。売上を上げるのも大事ですが、余計な経費を抑えられたら利益は伸びますね!節電といえば、こまめに電気を消したりすることや、空調の温度を下げたりすることが挙げられますね。今回ご紹介するのは、手軽に導入できて効果抜群のLED照明です。

そもそもLEDってどんなもの?

LEDとは、Light Emitting Diode(発光ダイオード)を省略したもので、従来型の蛍光灯や電球に代わる省エネタイプの照明です。東日本大震災後、省エネに対するニーズの高まりとともに普及を続け、今では量販店やコンビニでもほとんどLEDの照明が販売されています。

節電効果は抜群!5分の1まで削減

LEDの最大の強みは、その消費電力の低さにあります。種類によっても様々ですが、消費電力は従来の白熱球や蛍光灯に対して5分の1程度とされています。例えば、もし1か月に照明で10,000円かかっているオフィスの場合では、LEDに変えるだけで2,000円まで電気代を下げることができるということですね!

LEDは長寿命!通常照明の4倍

LEDの2つ目の特徴は、寿命の長さにあります。一般的な蛍光灯の寿命は8000-10000時間とされていますが、LEDはその約4倍の40000時間が定格寿命とされています。交換の手間も4分の1になるということですね!

まとめ導入するなら市場が落ちついた今!

LEDを導入することで、電気代を下げるだけでなく面倒だった交換の手間も省けてしまうんですね。以前は高いというイメージが付きまとっていたので手が出しにくかったLEDですが、普及に伴って価格もだいぶ落ち着いてきたように思います。電気代が高いとお悩みの経営者さま、ぜひ手軽にできるLEDの導入を考えてみてはいかがでしょう?

LEDライトパネルは軽量に作られていますので、カメラの撮影の時に長時間持ち続けていても疲れにくいです。